何とかしなきゃ。。このままじゃダメだ。。資格や技能でも。。。悩んでいる皆様へ

ぶっちゃけ神速中国語講座

世界中で戦える言語をモノにする!!

万国旗のイメージ

このままじゃダメだ、何かが
足りないと思っている皆様へ

初めまして。著者の石風呂貴一(いしふろ きいち)です。ただのスーパーの店員だった私が一から始めて、わずか1年で不自由なく中国語を操れるようになったノウハウを、本日は皆様に余すことなくお伝えしていきたいと思います。これからほんのちょっとだけ、説明にお付き合い下さい!

米中貿易戦争、一帯一路、ファーウェイの5G参入禁止、AIやキャッシュレス決済、RCEP、TiKTok, etc...最近気になるニュースと言えば殆どが中国に関連するもの。様々な問題を抱えながら、ずっと貿易相手の上位を占める中国。。。

グローバル化という「英語」由来の外来語とは裏腹に、グローバル化=中国とのお付き合いと捉えても過言ではない時代がやって来ました。

事実、貿易統計によると日中間の貿易総額は第一位(約21%)を占めています。(その他、第二位米国15.4%、第三位韓国5.3%)(「2019年の日中貿易」2020年4月7日JETRO調べ)

また、先日(2020/11/15)日本、中国、韓国、ASEANが参加して署名が行われた東アジア地域包括的経済連携(RCEP)は、世界人口とGDPの約3割を占める世界最大規模の自由貿易圏の誕生として話題を集めたのも記憶に新しい所です。

さて、このサイトを見ている多くのサラリーマン、子育て中の主婦、学生さんの多くは、
好景気というものを経験したことがなく、収入も簡単に上がらない今の社会の厳しさをヒシヒシと痛感しているのではないでしょうか?

翻って日本国内の二ユースを見てみると、コロナの影響もあって、リストラ、飲食店の大量閉鎖、以前から顕在化していた格差社会、在学中も就職後も奨学金の返済に悩む苦学生・新卒社会人、シングルマザーの生活の苦境。。。こうした残念で不景気な話題ばかりです。(恐らくかって中国以上の勢いを持っていた日本が日米貿易戦争に巻き込まれていたなんて歴史さえ知らない若者も増えていることでしょう。)

そして実際の自分や会社の状況にもあまり展望を見出すことも出来ず、また疲れを取る間もなく毎朝起きては満員電車に揺られ、会社と自宅とを往復し、来る日も来る日も目の前の仕事をこなす日々。。

そんな皆様のモチベーションを高め、夢や希望を見出してもらうために、中国語学習という選択肢「ぶっちゃけ神速中国語」をご用意致しました。

何かしなければ:
そこで中国語という選択肢

え、今から中国語?と思う皆様もいらっしゃるかもしれませんので、ここで一度、中国語以外の選択肢(キャリアアップやお金に関わるもので漠然と思い付いたもの)について考えてみましょう。

①英語の資格取得

本屋さんの語学書のコーナーに行くと、沢山の英語関係の本が並んでいます。TOEICや英検については言うまでもありません。転職すれば収入アップ?

②エンジニアへの転職(プログラマーや今をときめくAI関係のエンジニア)

同様に、本屋さんには今流行りのAIが学べる!、統計学、プログラム言語も学びましょう、といった類の本がたくさん並んでいます。年収数千万円?

③FXや株取引

定期預金に金利が付かなくなってから久しく、多くの老若男女が株取引やFXに手を染めるようになりました。年収は数千万円どころか、億万長者?

④士業の資格取得

士業と言えば弁護士や医者が有名ですが、社会保険労務士や公認会計士と言った士業と呼ばれるものは数多くあります。独立開業と言えばまずは士業?

⑤その他何らかの形での独立・起業

世の中に新しいアイディアを問いたい、こんな会社にいられるもんか!ということで会社を起こすetc....動機は人それぞれでしょう。成功すれば億万長者?

①英語の資格取得について:

皆様の中には、既に資格の取得に取り組んでいたり、取得した方々もいるかもしれません。例えば「英検」「TOEIC」等の英語の資格です。これはこれで、一つの成果であることは確かです。

しかし、残念ながら英語については既に多くの人が資格取得をしており、就職や出世の上で大きな差別化要因とはなりにくいのが現状です。以下はとある大手企業の研修に関する報道(一部引用)です。

『「内定者のレベルに合わせて語学研修などの講座を用意している。(中略)基準以上の英語力を持つ学生には語学学校に通学して中国語を学ぶ講座も用意している。同社では中国語人材の育成に力を入れており、「英語はできて当たり前。英語力の高い学生は早く次のステップに進んでもらう」という。(内定者研修を各社充実 入社後のミスマッチ防ぐ 2017年10月2日 日本経済新聞)』

つまり、英語については必要性が叫ばれて久しいことに加え、教材も多く取っ付きやすいことから、意識が少しでも高い人であれば多くの人が既に学び、それなりの人材はゴロゴロいるというのが現実です。通常、少しでも名のある会社が求人を出せば、TOEIC・英検の上位資格者や帰国子女は掃いて捨てる程の応募が集まります。「英語はできて当たり前」の言葉通り、とてもではないですが、英語で差が付くとは言えない時代に突入しているのです。

さて、②③④⑤は語学とは路線が異なりますが、高収入、デキル男女を望むなら惹かれる選択肢・技能です。それらについてはどうでしょうか?

②について。エンジニアでない人が、独学で最先端のAIやプログラミングについて飯が食えるレベルになるのは、極めて困難なのは誰でも分かりますよね?しかも一通り勉強した所で、畑違いの分野への就職と実務経験の蓄積に相当の困難が予想されます。

③について。確かにごく一部の人はそれで財を成しているかもしれませんが、大多数の人が努力すれば成功する代物でしょうか??失敗した場合の金銭的損失に耐えられるでしょうか?

④について。弁護士ですらやっていくのが困難と言われている時代に、士業という選択肢が果たして妥当と言えるのでしょうか?②と同様の問題があり、独立までには相当な労力と時間がかかります。そして何よりも、難しい試験にちゃんと受かるのか?という問題があります。

⑤について。あなたには何らかのビジネスのアイディアはあるでしょうか?また、在庫を仕入れたり、商品を開発したりするリスクを負いたいと思えるでしょうか?借金や倒産のリスクまで背負って実行する覚悟?!はあるでしょうか?

上記、ざっと思い浮かべた選択肢は不確定な要素=リスクばかりで、好景気な時代ならともかく、この不景気な時代に成功への確証とは程遠い代物です。

そこで登場するのが、中国語という選択肢です。語学の学習の方がより確実であると私は考えているのですが、中国語を勉強するとどんなメリットがあるのか、改めて考えてみましょう。

  • 日本にとって最大のビジネス相手国である中国とのビジネスに関わることが出来るようになる
  • 大中華圏の人達とグローバルに友人や恋人を持つことが出来るようになる
  • まだまだ日本において少数派である「日本人でありながら中国語が喋れる貴重な存在」となることが出来る

ヒト・モノ・カネの全てがビッグ!
中国と関りを持たない手は
ありません!

日本と中国のビジネス上の関わりについて補足します。中国が世界一位となっているものは、

  • 人口
  • 自動車販売台数
  • BtoCのEコマース市場
  • ネットのデータ流通量
  • スマホの生産台数
  • エネルギー消費量
  • 映画興行収入(2020年見込)
  • ゲーム市場
  • 国際観光支出
  • 富裕層(上位10%に入る人数)
  • ….etc...

他にもまだまだ沢山あるのですが、絞り込んでも実に沢山あります!人口についてはご存じの通りで10億人を超え、今は約14億人です。自動車業界は言うまでもなく日本最大の産業で、中国市場を狙う日本と世界各国メーカーとのシェア争いは激化する一方です。観光は、現在コロナの影響で打撃を受けているものの、その勢いは多くの日本人が目撃した大量の中国人観光客を通じてご存じのはず。また、Eコマースについては、中国には毎年11月11日を中心に「独身の日」として大々的なセールスをネット上で行うイベントがあり、中国のECプラットフォーム運営会社最大手のアリババが、単位時間あたり世界一と言われる売上高を叩き出していることで有名です。当然、多くの日本企業も中国の消費者に多くの製品を売るために、大変な熱の入れようです。

中国人相手のビジネスは中国国内に留まることはなく、全世界に及びます。実は日本に滞在している中国人の数は既に80万人(令和元年末現在における在留外国人数について 法務省 令和2年3月27日)を超え、一つの県の人口にも匹敵するレベルの人数です。これは何も日本だけに限ったものではなく、世界各国に広がる華僑(海外渡航して生活する中国系の人)のネットーワークはとても大きな存在です。シンガポールでは公用語が英語と中国語となっています。よくメディアにも登場する資産家のジム・ロジャーズ氏がシンガポールを拠点に活動し、将来性を考えて娘にも中国語を習わせていることでご存じの方も多いでしょう。

※米国(約500万人)、インドネシア(約300万人)、シンガポール(約260万人)マレーシア(約700万人)、タイ(約1100万人)その他華僑は全世界に散らばっている。

更に、2016年公表の米Forbs誌による世界の大富豪(保有資産が10億ドル以上、2,043 名)のランキングによると、32 名の華人が世界の 1000位以内に入っていて、既に日本、韓国(それぞれ15名、12名)を凌駕しています。ユダヤ人と並ぶ、商売上手でお金持ちの中国系ネットワークが世界中に出来上がっていることを示しています。

さて、
ここからが重要です

そんな物凄いチャンスが転がっているにも関わらず、日本人の中国語学習熱は趣味の領域に留まり、本格的に中国語を勉強している人は意外と少ないのが現実です。

例えば、英検、TOEIC、HSK(中国政府が認定する中国語検定試験)の受験者数を比較してみましょう(データは2018年)

  • HSK受験者数:34,000人(約3万人)
  • 英検受験者数:約385万人(約400万人)
  • TOEIC受験者数:約266万人(約300万人)

中国語と英語の検定受験人数の比率は
1対100!

先程迄説明した中国と日本とのビジネスの関係の割には、実際に中国語まで本格的勉強しようという人は実に少ないのです!!!

実は、このサイトの文章をここまで読んで頂いている貴方は、多くの人が気が付かずにいるため残されたままとなっているチャンスを掴みかけていることになるのです。

それで結局どんな教材?
どんな風に役に立つの?

中国語を学ぶことによって得られるものは、単なる出世や転職の成功に留まらず、貴方が望むならば、全世界を股にかけて公私ともに大活躍する未来の自分を実現するきっかけにすらなるのです。少し書き出してみましょう。

中国語を学ぶことで、待ち受ける貴方の未来--

  • 中国語4技能習得読む、聞く、話す、書くを習得した貴方
  • 就職や転職の履歴書に書ける資格。昇進・出世もバッチリな貴方
  • 自分に自信が付く。誰とでもコミュニケーションがスムーズな貴方
  • 中華系の知人・友人・恋人を持つ貴方
  • 全世界を股にかけてビジネスマンとして活躍する貴方
  • アジアを含む全世界で資産家とのネットワークを築きあげる貴方
  • ・・・・・

上記、本教材「ぶっちゃけ神速中国語講座」を学ぶことで、得られる可能性を書き出してみました。

誰とでも中国語を通じてコミュニケーションが出来るようになり、自信も持つことが出来る未来の貴方。結果、就職・転職・昇進に役に立つとしたら?

ニーハオしか言えない自分から卒業し、身に付けた語学力で、更に自分の将来の国際的な仕事や国際結婚という選択肢をも増やすことがデキルとしたら

-自分の人生の選択肢をも
増やすことになります。

このように、自由自在に自己実現している未来の貴方を支援したいとの思いで本教材は作られました。

しかし、その為には超えなければいけない障壁がいくつもあるのですが、それを簡単に乗り越えることをお手伝いするのが本教材です。細かい事は後程触れますが、簡単に纏めると、

  • 既存の教材より効率的に中国語が身に付けられる
  • 無駄で非効率な教材選びの時間をこれ以上取る必要が無くなる。

他の教材を選択する時間を節約し、学習効率を上げて最短での中国語習得を目指せるのが本教材「ぶっちゃけ神速中国語講座」です。

そしてその教材に詰まっているエッセンスは、著者が実践と経験によって集中的に身に付けたノウハウ。著者のぶっちゃけトークが炸裂し、この教材で中国を学んだあなたは正に神速で中国語を話せるようになるでしょう。結果として、中国に高いお金を出して留学することなく、

「まるで中国に留学していたかのような感覚を覚えるだけでなく、自他共に評価される自分」

「中華圏のビジネスの責任者としての将来を任される自分」

「映画やニュースに出て来るような美しい、イケメンの中華圏の恋人をゲットしている自分」

「経営者としてアジア・世界に股をかけている自分」

を実現する第一歩となります。

何故ならば、この教材には著者が留学先の中国での血のにじむような努力と、格闘の末に身に付けた実践経験がふんだんに盛り込まれているからです。無理無駄を知る著者だからこそ、読者に間違った苦痛(つまらない、役に立たない、先の見えない不安感)を強いることは決してありません。

ここで、ちょっとだけ著者の経験をお話させて下さい。

25歳離職中、スキルは運転免許と武道の段位だけ・・・もちろん独身、絶賛フリー(汗)

改めまして、著者の石風呂です。今でこそ、中国の大学院を卒業し、中国語の専門職として毎日中国語を使う仕事をしている私ですが、実際に中国語の勉強を本格的に始めたきっかけは、本当に思い出すだけでも恥ずかしくなるような、情けないことがきっかけでした。

一度社会人(と言ってもスーパーの店員)にはなったものの、自分にやり甲斐を見い出せず、退職。そこで軽いノリで転職活動を始めるも、実に数十社以上の会社を受験して全滅。。。「転職活動など若さとノリで行けると思っていたのに。。無職、勿論彼女無し、気が付けば親に生活費を工面してもらう情けない自分。。。」

学生時代は受験や就活も含めて大きな失敗をしたことがなかっただけに、当時の自分はこの現実に向き合うだけで穴があれば入りたくなる気持ちでした(泣;)

ここでようやく分かったことが、今まであらゆることが順調に運んでいたのは、周囲の人が助けていてくれたこと、そしてそれさえも認識せずに年齢だけを武器にすぐに転職活動も終わると思っていたのは、自分がラクに楽しめること以外まるで興味がない「仮面社会人」(仕事も人生も惰性で生きている社会人のことを指す著者の造語)だったからということに気付かされたのです。

勿論、親にも迷惑をかけました。そんなどん底の中で見出したのが、唯一自分の趣味とも言えるぐらい好きだった中国の歴史。

そして、スキルアップとさらなるチャンスを見つけるために決意したのが、学生時代唯一心血を注ぐことができた中国史に関連した、中国語でした。

それなら一層、留学でもして箔を付けようと思い立ち、一念発起して始めた中国語。まずは現地に行けばなんとかなると、実際に(無試験で入れる)語学留学生となりました。。。早速、現地で教科書で勉強した中国語を試してはみたものの、街中では自分の「教科書中国語」は全く通じませんでした。

正式に大学院生として入学を許可されるためには、HSK4, 5級(英検で言えば二級~準一級)以上を取得、中国語で授業を受ける力を付ける必要があります。語学留学では、箔を付けたことになりませんし、勿論正式な学位は貰えません。単位をちゃんと取るには、中国の大学院に入学する必要があります。

日本で半年独学で中国語を学習した後に中国へ留学しましたが、最初に感じたのが一般的に知られている「教科書通りの勉強法」が現地で話されている中国語との齟齬がいかに多いか、一言で言えば「何の役にも立たなかった」ということです。こうした類の話は、これまで散々言われていることかもしれませんが、その真髄を本当に心の底から体感している人はそれほど多くはないでしょう。

私も日本で自習を開始した時点では、教科書や参考書の内容を忠実に沿いながら学習を進めていましたが、いざ授業や仕事で中国人と接する時になると、教科書のように綺麗な発音もしてくれませんし、まして中国語は文法知識だけではすぐに理解できないような単語や話題の方が遥かに多いことに気付かされました。

こうして私は、既存の勉強法では文法知識がいくら増えても到底ネイティブと流暢に会話がデキルようにはならないと感じたのです。それからは、教科書の内容やペースに固執する勉強法を改め、

身の回りの物全てを用いて「活きた」中国語を学ぶことを始めたのです。そして中国語を勉強して僅か1年(日本で半年、中国で半年)で、HSK5級(正式な留学を許可されるレベル)に到達、そして3年でHSK6級に合格できたのです。留学当初は留学生内でも中国人と一緒にいても常に成績最下位だった自分が、途中からは逆に中国人学生に中国語を使って指導をするほどの実力をつけました。詳しくは本教材を見て頂きたいのですが、ほんの一部だけご紹介すると、

  • 思い付いた言葉をとにかく中国語で書く(最低でも1日10ページ)
  • 旅行中で車内で一人でいる時も中国語を喋る
  • 先生の言葉全部をシャドウイング
    (ブツブツ繰り返し言うことを)する
  • ワードに自分が聞いた単語や冗談を全部書く
    (4年で1万語、1000ページ)

これらを実践した結果、

結果中国に来て僅か半年で、中国人の恋人が出来ていました。次の子はもっと美人でした。分れた後も、中国語でナンパを繰り返し成功しました。そして気が付くと、恋人との最高の瞬間においても中国語で思わず声が出るまでになっていたのです。。。

巷ではよく、語学は20歳までにやらなければ脳の構造が変化するからもう遅い、遅く始めた人は子供の頃から勉強している人より発音が上手くなることはないから諦めなさい、という無責任な噂話が流れていますが、自分を含めて私の周囲には中年を過ぎてから新たに中国語や日本語を学び始めて2-3年でネイティブに匹敵する実力をつけている人が大勢います。

外国語だって人間が作ったものだから、本来は誰でもデキルはず。最初は案外いい加減な心構えでやっても大丈夫。皆様には是非失敗を恐れずチャレンジして欲しいのです!

さて、

これまでの中国語学習教材に欠けていた、根本的な欠点。それを解消するにはどうしたら良いのか?上記、著者だけが知る革新的なノウハウが詰め込まれているのが正に「ぶっちゃけ神速中国語講座」なのです。まるで中国留学経験者のように、

スラスラ喋って、ハキハキ振る舞い、メキメキ頭角を表し、キラキラする貴方を実現していこうではありませんか!

これから一緒に中国語の世界へ飛び込んでいきましょう!!

我们现在开始上课,大家一起加油!! wō men xiàn zài kāi shǐ shàng kè, dà jiā yì qǐ jiā yǒu!!

本当に中国語を
勉強する価値は?
大中華圏を見据えて・・

さて、ビジネスや国際交流に役に立つとは言うものの、中国に関する報道は極めてネガティブなものが多いのは事実です。そして本教材が本当に役に立ち、信用出来る?と思っている方もいらっしゃるかもしれません。まず、中国に関係した以下の数字を挙げることが出来ます。

  • 中国語話者の数10億人以上
  • 日本語学習者は中国人約100万人(世界最多。日本に関心を持つ中国人が多い)
  • 英語に次ぐ求人需要(英語11万件、中国語3万件)
  • 2035年世界都市間ランキングにおいて上位10都市中2都市(北京・上海)がランクイン見込み
  • ※国際交流基金:2018年度海外日本語教育機関調査結果
  • ※求人数はリクルート、インディードその他サイトを使用して著者による調査
  • ※日本経済研究センター: 2019年調査

前述のように中国語圏(台湾、インドネシア、ベトナム、タイにも多くの華僑がいる)の広がりは中国だけでなく、アジア全域にわたります。以下の報道のタイトルで触れられている伊藤忠の提携先(CP)はタイの有名な華僑系財閥企業のことです。華僑はこのように人脈を動かしながら、世界各国で中国ビジネスにおける潤滑油のような役割を果たしているのです。

伊藤忠・タイ財閥CP、中国国有企業に1兆円出資 日本経済新聞 2015/1/2

それから忘れてはいけないのが、歴史上ずっと世界最大のGDPを占めていたのは中国やインドだったという事実です。米欧日のGDPが中国より大きかったのは、数千年の人類の文明の歴史の中でたったの数十年~100年程度のことでしかないのです。新型コロナウィルスへの対応に右往左往する米欧を尻目に中国が世界第一位のGDP(購買力平価ベースでは既に1位)となるのは時間の問題でしょう。これは長い歴史で考えれば現状が「中国が1位であるという元の状態に戻りつつある」に過ぎない?!のが分かると思います。また、仮にかの国が「崩壊」したとしても、10億人以上の人口を抱える巨大市場が目の前にあることは疑いの余地もありません。

過去2000年間の地域別GDPの推移

出典:経済学者Angus Maddison氏の研究データを元に作成

2020年国別GDP(PPPベース)予測

出典:IMFデータを元に作成

さて、それは分りましたということで、著者は信用出来るのでしょうか?大丈夫、信用出来ます(笑)。それが証拠に、きちんと大学院を卒業し資格(HSK)は取得しています。念のため。

河南大学修士号の写真

HSK6級成績報告,
HSKK口試(高級)成績報告の写真

中国語は簡単か?

手短にお答えします。簡単ではありません。また簡単だという人もいます(笑)おい、答えになっていないよ!と思った方。ご安心下さい。理由は、中国語は我々と同じように漢字を使用し、日本語の語彙にも影響を与えている一方、発音においては英語よりも遥かに難しいという側面があるからです。その発音の困難さという側面を強調すると、難しい!ということになります。しかし、その点(発音)を除けば結構簡単です。すぐに簡単なビジネスレベルのメールのやり取りぐらいは出来るようになります。

理由は、漢字の字形(中国本土やシンガポールは簡体字、日本は新字体)の違いはあるにせよ、日常レベルで)使用する漢字の数は、約3000 字程度(中国の通用規範漢字表)で、日本で使う漢字は約3000字(常用漢字は2136 字、人名用漢字約863字)とあまり変わらないからです。日本語では使われない中国語で頻出する漢字を覚える必要がありますが、頻出するものに絞ればたったの1000 字程度追加で覚えるだけです。

それと、もう一つ、大きな理由は日本語に由来する中国語(明治時代に西洋由来の言葉を漢訳したたものを当時の中国人留学生が持ち帰り、結果そのまま中国で使われるようになった語彙=日中で共通する語彙が多いということも、学習をしやすくしている要因となっています。(例:政治、哲学、図書館、情報、社会主義、市場、経済、共産党 ..etc...)勿論、中国由来の日本語もありますから、ラテン語やギリシャ語由来の語彙も多い英語と比べれば、左程の違和感なく習得出来る可能性があると言えます。

一例を挙げてみましょう。紹介するは日本語で「紹介する」ですが、中国語では「介绍」です。その他にも日本語の「平和」という意味が中国語では「和平」とか、何となく推測がつく単語が多いのが特徴です。一方で、日用品を表す単語とかは異なっているものが多い(例:手紙→トイレットペーパー、看病→医者が治療するetc...)ですが、見たことがある漢字であることに変わりはないですよね!

こうした点は、日本人が中国語学習をする上で大きなアドバンテージであり、発音がダメでも、スマホを見せながら筆談したり、SNS で交流したりするのに左程不自由は感じないことでしょう。

つまり、文法構造が単純で、左程複雑でない内容を伝えるレベルには、誰でも到達デキル可能性が高いと言えるのが中国語です。(詳しくは本教材の「中国語エクスプレス」をご活用頂ければ幸いです。)勿論、高度なレベルの中国語表現、発音を身に付けたい方にとって必要なコンテンツも用意していますからご安心下さい!

他の勉強方法や
教材との比較

本教材は、以下のシステムで使用可能です。

  • スマホ(iPhone, Android)
  • PC(PDFと音声が再生出来れば可能)
  • ※電車の中でもイヤホンを付けて勉強が可能です。

さて、これまでの説明を聞いても、留学や語学教室と比べたら効果が低いのでは?と思われる方もいることでしょう。以下、語学教室、留学、普通の教材、ネイティブとの言語交換(独学)との比較表を載せます。

実践的な教材:実際に使われる表現を盛り込んだ教材

→イイタイコトがすぐに言えるようになる

実践的な教材:直感的で分かり易く、効率的に身に付く教材

→神速で中国語をマスター出来る

実践的な教材:一冊で全てをカバーするような教材

→いくつもの教材を買って選ぶ無駄な時間を解放、結果的に安くつく

料理に例えると、フランス料理のフルコースを「留学」とすれば、本教材はホテルを引退したシェフ(それも超一流!)が皆様のために腕を振るう「家庭的な」レストラン。ランチプレートから高級料理まで顧客の(時間と費用に応じた)ニーズを満たすような商品となっております。つまり、

気軽に、安く、よく身に付く
(おいしい)
中国語メニュー

をご用意して皆様をお迎えいたします!

モニターの声

S・Yさん (男性)職業:メーカー勤務

「アドバイス通りの勉強法にそって学習を進めていけば短時間で大きく中国語スキルが向上できる」

私の勤務先(メーカー)は中国に支店があり、来年にそちらへの配属が決まりました。一応通訳も同伴ですが現地の方とも交渉などをする重要な機会も多く、最低限スピーキングとリスニングは鍛えておきたいと考えていました。ネット上にはさまざまな中国語の教材があります。この教材は①3ヶ月という短期間で中国語が習得できる内容②紙の学習教材でなく電子教材なのでスマホさえあればどこでも学習できる③発音に関しても付属の動画で確認できる。この3点が特に魅力的で受講を開始致しました。

本教材は大きく分けて短期間で学べる「中国語エクスプレス」とより中国語の文法を深く学べる「本課」と「文法課」がございます。私はまずエクスプレスから始めました。結論から言うと想定通り短期間で基礎の部分は十分に習得できました。はじめに勉強方法に関するアドバイスがあり、何故有効なのかと言う理由の説明もあり迷わず学習を進められました。二つ目に発音のやり方がかなり丁寧に書かれており、自分でなんとなく確認ができ、また音声を聞き発音が正しいのか確認ができよかったです。発音をされている講師の方の話し方はかなりハキハキされており、非常に聞きやすかったです。

また単語一覧ではスマホ・IT関連など市販されている単語帳には載っていないジャンルの単語がしっかり載っており、助かりました。後半には業務命令で中国に派遣された社員と現地社員の会話という、まさに自分も今後有り得そうな具体的なやりとりがあり非常に役に立ちました。また、見やすいカラーとちょうどよい分量に助けられ、1日あたり2.3時間しか勉強時間を確保できない忙しい会社員の私でも集中して取り組んで3ヶ月ほどで終えることができました。今回のエクスプレスを終えた時、たまたま中国支店の方と通訳を交えて話す機会があり、その際全ての言葉は流石に無理でしたが要点などは自分で聞き取れるレベルには成長できておりました。わずか3ヶ月でここまでこれたのは自分でも驚きです。

最後に教材選びに迷っている方へメッセージを。本教材はしっかりアドバイス通りの勉強法にそって学習を進めていけば短時間で大きく中国語スキルが向上できる無駄のない内容で非常におすすめです。私はエクスプレスを終えて中国への配属までに発展した内容である本課と文法課を可能な限り進めています。難易度も上がっていますが、基礎が固められているので、ちょうどよい塩梅で進めることができております。このように一つの教材で基礎固め、そして発展した内容も取り組めるのがこちらの教材の良い点だと思います。

K・Mさん(女性)職業:主婦

「中国語ができればできる程、仕事の幅も増えますし、目標があるからこそやる気も出ます。」

35歳主婦です。学生の頃、外国語の選択で中国語を学んでいました。卒業後に中華航空で1年間働いて、そこでも中国語を使う機会がありましたが、結婚して子供が生まれ、10年間子育てをしている間に、今まで習った中国語の全てを忘れてしまっていました。せっかく習ったのに忘れてしまってはもったいない!今の時代は英語ができて当たり前、三ヶ国語くらい話せないとなかなかお仕事をもらえないのではないかと思い、「もう一度中国語の勉強をやり直そう!」と決心したのが学習のきっかけです。

初めに本課から順にレッスンを受けていましたが、長文が長くて本当に挫けそうになりました。携帯で音声を流しながら目でピンインを追う、そしてリスニングに合わせて口頭でも発音する。これは著書の方のお勧めの学習方法です。英語を学ぶ時も同じように、目、耳、口を使って訓練していたので(シャドーイング)早速試してみました。しかし、残念ながら中国語が初心者レベルの私には語彙力がなかった為、勉強方法を変え単語を先に覚える事にしました。私のような初心者の方は文法課から取り組む事をお勧めします。文法課では文章が一文のみ、そして簡単な単語が使われているので勉強がし易いです。興味があるトピックを勉強した方がはかどるので、ホテル、空港、予約、レストランのメニューなどサービス業に関係した題材を中心に本課で単語を覚えていきました。やはり、自分の好きなパートを勉強する方が頭に入ります。

もう少し中国語が上達したら、旅行者レベルから上級編へと、そしてオフィスで使う中国語、ビジネス編も極めていきたいです。LINE で質問も受け付けてくれるので、分からない事があれば質問させて下さい。中国語ができればできる程、仕事の幅も増えますし、目標があるからこそやる気も出ます。今後どこまで成長できるか楽しみです。

S・Kさん(男性)職業:大手電力会社パートナー企業勤務

「会話のイメージがしやすく違和感なく勉強出来ました。」

私が中国語を始めた理由は、中国語が世界で14億人以上が話す最大の言語であり、中国が経済発展著しく更に全世界に華僑ネットワークを持っているので将来ビジネスを始めるにあたり覚えておいて損はないと思ったからです。でも、実際は、漢字が苦手な自分は、自衛隊の語学学校の中国語過程に入学したはいいがその教育において文法、発音、単語を習得出来ずに話せないし書けない読めないの三拍子揃ったポンコツぶりを発揮し落第しました。今回もう一度始めた理由は中国でAIテニスを広めたいからです。

本教材の感想は、今までにない新しい教材だと思いました。この教材以外の事を教えてくれるのも斬新でした。特に私が今まで使っていた教材には、勉強方法は載っていないし、中国語学習に必要なツールもメールを中国語で打つ方法やネイティブの中国人と話す方法なども教えてくれませんでした。この教材は、痒い所に手が届く珍しい教材でした。

また、必要な単語を最低限に抑えてくれているので膨大な中国語の単語を全て覚える必要もなく、以前中国語で失敗した時の様に単語を暗記するのに一生懸命になり、時間もやる気もなくなってしまうということもありませんでした。また、例文の中に英文があるのも目新しく解りやすかったです。その他にもスポーツ、ビジネス、IT、スマホ、日常会話やホテルの予約の仕方など現代社会にも対応していたので会話のイメージがしやすく違和感なく勉強出来ました。更に中国語を勉強しながら中国の文化、政治、行政、華僑や華人の違いなども知る事が出来ました。

言語を学ぶと同時に中国の現在の国内事情、風習、流行、果てには恋愛事情まで知ることが出来素晴らしいです。私がしていた勉強方法は、本教材を開きながらタブレットや電子辞書で発音チェックや知らない単語を調べたりしてノートに書いていました。私の今後の目標は、中国語をマスターして、中国及びシンガポールなどの東南アジアにAIテニスを広める事です。

高崎優子さん(女性)職業:都立有名大学学生

「中国語が身につくだけでなく、現在の中国文化の常識も身につけることができます」

私が中国語を勉強しようと思ったきっかけは、アジアの経済が急速に成長していることを受け、将来は中国語圏の先進事業を参考にする機会が多くなると予想したためです。現在、日本では英語教育は必修になっていますが、世界規模では英語を話す人が15憶人、中国語を話す人は世界で13憶人もいるとされています。英語だけでなく中国語も理解することが、今後グローバルに活躍するために必須条件となってきます。

実際にこの教材を使用してみて、大学で使っていた教材や資格用の参考書よりもだいぶ新しくて実践的だと感じています。まず入りから丁寧で、中国語の勉強する上で必ず使用するツールのおすすめやPCで中国語を入力する方法などが載せられています。また、多くの参考書は一昔前に作成され、そこから内容がほぼ変わっていません。だからこそ、最近のトレンドがあらすじや例文に取り入れられているこの教材を使って勉強することで、中国語が身につくだけでなく現在の中国文化の常識も身につけることができます。また、文章が固くなく、楽しみながらガイドに従って学習を進めることができます!一度中国語を学習したが、途中で飽きてやめてしまった方にとっておきの教材です。

これから購入する皆様には、音声を使って勉強することをおすすめします。やはり日本人は漢字に慣れているため、知らない単語・文法でも漢字を見ればだいたいの意味を推測できてしまいます。ですが、実際に中国語を使う場面では聞いて理解できなければ相手とコミュニケーションをとることができません。また、声調の違いによって全く違う意味を表す言葉も多数存在するため、お互いの誤解を招くのを防ぐためにも基礎的な部分から聞く力を重視して勉強を進めていくことが重要です。

私自身もこれからは実際に使える中国語を身につけていきたいと思っています。この教材から実際に使える表現をたくさん学べたので、早く現地の方と会話してみたいです。

※語学の教材という性質上、感じ方や得られる成果については個人差があります。

もしも他の教材を
選んでしまうとしたら、

仮に皆様が他の教材を選んでしまった場合には、以下のような状態に陥る可能性を著者は真剣に心配しております。

  • 中国語が身に付くどころか自信を失った
  • 高いお金と時間を費やした上に何の成果も得なかった
  • 中国語が身に付かず、資格取得も転職活動も失敗
  • 好きな異性に言葉が分らないために声をかけることも出来ない自分
  • どんどん評価されて出世していく同僚に感じるコンプレックス
  • 語学だけでなく、挑戦しても何一つ成功出来なかった自分への自信喪失
  • 世界で活躍するどころか、満員電車に揺られ上司に怒られる日々に逆戻り

他の教材や学校を選ぶことは、皆様にとって、周り道であり、時間とコスト両面で非効率なだけでなく、下手をすれば自信喪失に陥る可能性すら危惧しているのです。私は、決してそのような状態に陥った皆様の姿を想像したくもありません。貴方もそれは当然感じていることでしょう。

前にも述べたように、「ぶっちゃけ神速中国語講座」には著者の中国における経験をそのまま凝縮した内容となっております。上記挙げた理由は、実践で役に立つ教材がいかに少ないかを現地で実体験し熟知している私だからこそ言えることです。

本教材は、たくさんの参考書を買い込み、自分なりに十分な準備した上で中国に行ったのに、それが全く通用しなかったという苦い経験をフルに活かして作られた教材です。著者のノウハウを用いて勉強すれば、中国語ネイティブの異性の恋人を作ることすら思いのままでしょう。 それは著者の実際の実績(半年で中国人の恋人を何人もゲット。その後現地大学院を卒業)が証明しています。

ぶっちゃけ神速中国語講座 パソコン・スマホ・タブレット対応

商品提供内容:特徴・特典圧倒的なボリュームと
スマホ時代の利便性を考慮

商品構成

  • 1.中国語エキスプレス お急ぎの方のために簡単速攻!中国語を一気に学習
  • 2.本課 日常生活の「ぶっちゃけ」中国語 基礎編 発展編 1-25課
  • 3.文法課 これだけですぐに実用レベル!最速文法習得論  1-25課
  • 4.特典(後述)

提供するデータの内容

  • PDF:中国語エクスプレス(209ページ)、本課(579ページ)、文法課(357ページ)、 特典(19ページ)
  • 音声データ:中国語エクスプレス、本課、合計2時間46分
  • 動画(合計19本の動画により、著者自ら中国語発音のコツと、文法項目で最難関の方向補語を解説)
  • ※PDFとMP3方式、動画はYouTube上で提供されるため、スマートフォンだけでも学習可能。

特徴

可能な限りカラーを使い、スマホやPCでも分かり易く表示。詳しくは本教材をご購入頂いた後でわかりますが、ほんの一端だけお見せしましょう。教材は全てPDF化されているので、指でタップすれば単語の意味を調べることも簡単に出来ます。(※iPhoneの場合)

ぶっちゃけ神速中国語講座 教材見本1

ぶっちゃけ神速中国語講座 教材見本2

ぶっちゃけ神速中国語講座 教材見本3

中国語を身に付ける魔法のショートカット:中国語エクスプレス

一般に中国語が簡単と言われながら、挫折者が意外と多いのは、既存の教科書が持つある問題があります。それはズバリ、多くの日本人学習者にとって重要な優先順位が全く考慮されていないからです。また、時間が十分に取れる人を前提に書かれているため、非効率で挫折者を生みやすいことも原因です。実は段階を分けてしまえば、英語とは異なり、あっという間に仕事で使えるレベルの中国語を身に付けた「上級者」になることが可能です。そして時間をかけてより一層、盤石なものにすることが出来るのです。本教材が、忙しい貴方のために敢えて本課の前にエクスプレスを置くことによって、皆様の中国語の習得が早く出来るように工夫しています。

中国語力を飛躍的に高めるぶっちゃげトークの威力:本課

本教材には、教科書には全く記載されていない表現も多く載せています。一般に売られている教材は出版社の眼鏡にかなうような、つまらない、身に付きにくい表現しか載せられていません。辞書も同様です。本教材が提供する内容は、ここでしか手に入らない珠玉の表現集であり、一生を通じてあなたの武器となるのです。

文法も勉強デキル:文法課

多くの教材は、文法事項の説明を本文の後ろに載せていますが、本教材ではそれに加えて各文法項目も独立して勉強出来るように独立して作成しています。中国語を素早く学びたい人、じっくり取り組みたい人、両方のニーズに応えられるような構成となっています。

動画による説明:

中国語の中にはどうしても文章による説明だけでは分りにくい概念があります。一部に動画を活用して解説することで、読者の理解が容易になるようにしています。

ぶっちゃけ神速中国語講座 動画見本

ボリュームについて

実に1100ページを超える分量。留学に使用する教材を超える分量、かつ市販の教材では手に入らない表現が盛り沢山!

特典内容

  • 特典1 資格試験情報
  • 特典2 実用会話100選
  • 特典3 中国の祝日・干支
  • 先着特典:著者とLINEによるオンラインレッスン3時間(1時間/回、合計3回分)※先着50名様限り

サポート体制

  • 半年間のLINEによるメールサポート(中国語に関する質問を週2回)
  • 半年(182日以上)たっても成果が出ない場合は返金保証※

価格

以上見てきて頂いたように、留学レベルの体験も詰め込んだ教材は、本来100万円以上の価格で販売しても全然おかしくない商品です。また、留学とまでいかなくとも、二万円/月の大手語学学校に2年間通った場合の金額を想定した場合でも40万円以上の価格となります。(通常、学校であれば教材や入学金も別途必要)

勿論、本教材は皆様にそれ以上の成果を出してもらえるとの自負をしているのと、教材の開発に投じた金額を考えると販売価格は最低でも30万円となります。分量の面においても先程説明した通り、実に1000ページを超えるPDF、約3時間の音声、19本の動画、さらに著者によるオンラインレッスンが受けられる半年間のサポート、返金保証※まで付けているのです。

しかし、私は一人でも多くの皆様が中国語を身に付け、勝ち組としての人生を歩んで頂きたいとの思いから、先着50名様に限り、

◆29,800円(税込)、
クレカ決済、分割決済可能
としました。

※体験レポートを頂いたお客様には、3,000円を返金致します。現役学生の皆様は、学生証をご提示頂いた上で、同様のしっかりとしたレポートを頂ければ5,000円を返金致します。

【体験レポート必要記載事項】
必要文字数:800〜1200字以内
提出期限:購入後半年(182日以内)
提出方法:LINE公式ページ宛に送信
学生証提出方法:LINE公式ページから、生年月日と顔写真を消した状態で送信
記載事項:以下事項を記載して下さい。
・中国語を勉強してみたいと思ったきっかけ
・本教材を使用しての感想
・購入される方に向けたアドバイス
・今後の抱負
・振込先(銀行名、支店名、口座種類、口座番号、口座名義

注意事項:返金保証制度との併用は出来ません。体験レポート提出後に返金保証制度適用の要請があっても受付しませんのでご了承下さい。又、返金保証制度に従って返金を受けたお客様が体験レポートを提出しても追加での支払は行いませんのでご了承下さい。

ぶっちゃけ神速中国語講座

販売価格29,800円(税込)

各種クレジットカード利用可能

電話注文はこちら

それでも不安を感じる
貴方へ

提供出来るサービス

  • ・あなたの疑問にお答えするために著者が直接回答
  • こんな方でもOK

    ・中国語に対する自信や語学を深く勉強した経験が全くない方もOKです
  • ・中国語に一度も触れたことがない方でもOKです
  • ・責任を取れる年齢の方であれば一切問いません(学生さんでもOKです)

サポート体制

  • 半年間のLINEによるサポート(中国語に関する質問を週2回)
  • 半年(182日以上)たっても成果が出ない場合は返金保証※

それでも、それでも、

また失敗するんじゃないか、10年近く習ってきた英語も話せなかったのに。。。

自分には無理ではないか?今まで試験という試験は失敗だらけ。一流大学でないし。。。

今まで中国語の語学学校に行ったけど全然だめだった。。。

街角で話している中国人の会話のスピードとかメチャ早いし自分についていけるかとても不安。。。

当然このような不安を感じている方も多いことでしょう。お気持ちは本当によく分かります!でも大丈夫です。かくいう著者も挫折と失敗だらけの人間でした。その失敗を活かしながら、既存の教材の欠点も研究しつくした本教材は、前にも述べたように、今までの教材とは全く違うアプローチで作られているからです。返金保証※まで付けているのですから、貴方が負うリスクは最小限です。

保証期間・サポート

半年間の返金保証※

半年間のLINEによるメールサポート

実際に著者が質問に答えてくれるだけでなく、これからの学習の悩みや進路について道しるべとなってくれます。あたかも仲間や教師が近くにいて支えてくれるかのような感覚を覚えます。未来の成功者としての道筋を歩んでいる貴方を確実に実感することが出来ます。

何故それだけの保証を付けるのか?

それは私が実際に現地で中国語の勉強で苦しい思いをしたからこそ、皆様に同様の非効率で無駄な苦労をかけたくないとの思いを抱いているからです。また期間を半年間としているのも、正に私がもっとも積極的かつ熱意を持って取り組んで、実際に中国で恋人を作り、大学院に正式入学することが出来るに至る程の成果を上げた期間だからです。私は現在中国語関係の仕事で多忙な日々を過ごしていますが、1ヶ月や3ヶ月ではあまりにも短く、効率的に成果を上げて欲しいとの思いが込められています。

ぶっちゃけ神速中国語講座

販売価格29,800円(税込)

各種クレジットカード利用可能

電話注文はこちら

先着特典

先着特典として、著者とオンラインレッスン3時間(1時間/回、合計3回分)

先行者となること

上述のように、中国語の実践で通じるレベルでの良質な教材はほぼ皆無と言えます。今のうちに勉強してライバルに差をつけて下さい。勿論高収入、周りから認められるのは貴方です。中国語の勉強をしている人はたくさんいますが、本気で勉強している人は英語と比べて遙かに少ないのが現状です。先行してライバルに差を付けましょう。

語学に限らず一般に物事を極めるのに1万時間かかると言われています。これには様々な説がありますが、米国国務省の語学研修機関(Foreign Service Institute (FSI))においてもレベル3(流暢に話をし生活とビジネスに差し支えがないレベル)に到達するのに2200時間かかるとされています。1万時間が正しいかはさておき、それなりに時間がかかることに変わりはありません。

それでも迷われている
あなたへ

お金がない、時間が無い、家族や友人の反対、中国そのものへの懸念があることは分ります。中国関連の市場がこれからも大きなものであることは、既に説明しました。時間についても同様に説明はさせて頂きました。しかし、お金がなかったり、家族に反対されるという可能性もあるかもしれません。ここで、もう一度価格と提供方法、その結果得られる利益について纏めてみましょう。

  • 銀行振込又はクレジットカードでの支払
  • 分割払い(クレジットカード)が可能
  • 他の教材よりも効率的であり、時間も節約(電車の中で勉強が可能)
  • 取り敢えず勉強したい人のための速攻で出来るコースも用意
  • 家族を説得するに足りる将来の収入UPの可能性
  • 大中華圏とのビジネスの可能性。仕事だけでなくプライベート面も
  • コスト面での心配は不要:仮に貴方が購入後

半年間勉強を続けるとすれば29,800円/180日=1日わずか165円

一年間勉強を続けるとすれば29,800円/365日=1日わずか81円

二年間勉強を続けるとすれば29,800円/730日=1日わずか41円

たったこれだけの費用で勉強が出来るのです。

ぶっちゃけ神速中国語講座

販売価格29,800円(税込)

各種クレジットカード利用可能

電話注文はこちら

最後に:覚悟と熱意がないと
成功出来ない

ここまでこの文章を読んで頂いた貴方に厳しい話を一つだけします。語学には絶対に必要な要素があります。それは「続ける」ことです。根気よく辞書で意味を調べる、音声を聴く、ブツブツ繰り返して言う、こうした作業だけは絶対に省略することは出来ません。勿論、転職を成功させたり人生の成功者になるためには、語学以外の側面での自助努力は欠かせません。

我々は皆様に優れた道具(語学教材)を提供することが出来ます。しかしながら、実際に手を動かし努力していくのはやはり貴方なのです。ここまで文章をお読みいただいたということは、既にそれなりの熱意を持った方であることは間違いありません。そんな覚悟を持って飛び込んで来た皆様の数倍のエネルギーで、著者がサポートすることをお約束しましょう!

後悔先に立たず。
今こそ行動を!

就職情報会社の調べによると、年収の高い人程、語学力が高いことが分かります。また、年収1千万円以上の人に限ると、休日に語学の学習時間に充てる人の割合が10倍となります。これを逆に考えてみれば、答えは明白です。誰でも出来るはずの、目の前にある語学の勉強をしなかったがために、稼げるはずのお金を稼ぐことも出来ず、数千万円もの損害を被ることになるのです。以下の調査結果をまずはご覧ください。

Q.主な休日の過ごし方を教えてください(複数回答可)

  • ・資格取得、語学学習のための勉強時間に充てる
    年収1000万円 10%/
    年収700万円 1.6%
  • ・知人と会う
     年収1000万円 20.6%/年収700万円 8.4%
  • ・家でゴロゴロする(特に何もしない)
     年収1000万円 7.6%/年収700万円 20.4%
  • ※出典:週刊スパ「年収1000万と700万の人では、休日の過ごし方が違う。趣味や睡眠時間にも差が」 2019年2月11日

つまりほんのちょっとの努力をしなかったがために、出世も叶うことなく、やがては部下や同僚だった人にこき使われ、バカにされる日々。。。以下のような未来は考えたくもないはずです。

  • 組織の中で認められない自分
  • 何一つ生きがいをもてない自分
  • 年収がちっとも上がらない自分
  • 自由自在に世界を駆け回るどころか、満員電車に揺られる自分
  • 奥様からは「給料安いのね」「子供の学費は奨学金でも借りてもらうしかないわ」と言われる親としての自分
  • 子供には「勉強しろ」と言うけれど、、、そもそも勉強したことないし成果も出したことがない情けない親としての自分

それでいいのですか?

ところで、最近の学生は留学したり、語学の資格試験を取るのが当たり前だそうです。意識の高い学生は、1年生の時から留学だけでなくインターンでの就業体験についても真剣に考えています。そうした若い時から努力している学生の姿を見て思うのは、あの時こうしておけば良かった、勉強しておけば良かった。。。自分が若い時、もっとやることをやっておけばよかった。。。そう感じませんか?

また留学生の多くは自分たちの母語、日本語に加えて英語も話せるトリリンガルがザラだとか。今後は新卒一括採用もなくなり、これからは優秀な外国人の採用枠がどんどん増えるそうです。そうした時代に対応するだけの心の準備は出来ているでしょうか?

さて、報道によると

2020年の冬期の賞与の
平均額は74万3,968円?!

(全産業平均, 労務行政研究所調べ)とのことです。。。自分のそれとは比較にもならない(いや実は賞与ゼロ)という人。。。もしも10年後も20年後も同じだったら?きっと後悔しますよね?現在ですら、貴方が所属している業種・会社によって既にこれだけの差がついているのです。これを逆転するのは容易ではありません。

あの美人・美男、ビジネス上のキーマン、、、あれもしかしたら中国・台湾人?どうやって話しかけよう。俺の同僚は楽しそうに話しかけているけど。。ボーナスの話題なんて聞きたくもないetc…

あの時勉強しておけばよかった。。。

勿論、皆様はこんな状況に陥ることを望んではいないはずです。

だからこそ、これから中国語の勉強を始めることで、以下の状態から脱却し、劇的に人間関係が改善し、運命が開かれる可能性があることを再度お伝えします。(しかし行動しなければ、以下のような状況が続くでしょう)

  • ダメ人間の烙印を押されてバカにされる
  • グローバルな仕事や話題に何一つ対応出来ない自分に感じるコンプレックス
  • 馬鹿な上司にヘイコラ頭を下げ、毎回ボーナスの査定に怯える自分
  • 精神的にもずっとストレスを感じ、職場と家の往復だけの充実感のない日々
  • 中華圏の重要な人物や美人・美男にニーハオしか言えない自分

そう、後悔先に立たずです。

改めて、本教材のメリットを確認しておきます。

  • 忙しい中語学学校に通学をする手間暇は無くなります→混雑した電車の中でも勉強デキル
  • 海外留学のコスト数百万円の節約→とんでもない費用と時間がかかる留学は不要
  • 実践的な表現をいながらにして学べる→他の教科書には殆ど載っていない実践的な表現で学べる
  • あがり症の人でも大丈夫です。→教材を使って勉強するため、いきなり外国人と対面することで赤面したり緊張したりする心配は無用

さて、ノーベル経済学賞受賞者(ダニエル・カールマン)の理論によると、人はリスクを回避する傾向が強いそうです。「3万円を無条件でもらえるくじ」「1/2の確率で+3万円=合計6万円貰えるくじ」があるとすると、多くの人は前者を選ぶとのことです。貴方の気持ちは当然理解出来ます。まして、著者と貴方は一度も会ったこともないし、出版元も大手企業でも有名人でも何でもない。。。気持ちはよく分かります。

ですが、ここで考えてみて下さい。本教材は返金保証※がつきます。つまりリスクは最小限です。

「実質無料でくじ引きをして1000万円以上が当たるかもしれない宝くじ」があるとしたら?宝くじとは違って、努力次第で数字はいくらでも上げることが出来ます。年収を1千万円にするのも1億円にするのもあなた次第です。小さな一歩から始めて、大きな世界への一歩を踏み出そうではありませんか!

※返金保証には一定の条件があります。
購入後182日経過後7日以内に以下必要記載事項をメールアドレスshinsoku.chinese◾️gmail.com(◾️を@に変えてください)までご連絡ください。

【必要記載事項】
①本教材を用いての学習継続が困難となった理由
②本教材やサポートに対する意見
③返金口座(銀行名、支店名、口座種類、口座名義)

条件:購入後60日以内に中国語に関する質問のLINEによるメールサポートを受け、かつ購入後182日以内に計3回のLINEによるメールサポートを受け熱意を持って学習に取り組んでいると判断される方に限ります。この場合、レポートにどのように実践したかの体験談のご記入が必要となり、著者が適正と判断した場合に限り、ご返金を致します。

ぶっちゃけ神速中国語講座

販売価格29,800円(税込)

各種クレジットカード利用可能

電話注文はこちら

FAQ(よくある質問)

Q1:中国語は全く初心者でも大丈夫ですか?他に教材や辞書を買う必要はありますか?
A1:はい。全く初心者でも大丈夫です。文法や発音についてもカバーしているのと、著者に対して質問することも出来ますので、(検定試験を除き)特に他の教材を買う必要はありません。しかし、辞書については今後の学習に一生ついてまわるものですから、スマホアプリの辞書をご購入することをお勧め致します。
Q2:中国語を勉強して少し忘れている感じの自称中級者でも大丈夫ですか?
A2:はい。中級者の方が復習用に購入して勉強する場合でも、既存の教科書とは載っている表現が異なる実践的な内容であるため、お勧め出来ます。
Q3:中国語を勉強して挫折した者です。大丈夫ですか?
A3:本教材はつまらない内容、実践的でないものは載せておりませんので、飽きが来ることなく学習を続けることが出来ると思います。とは言っても、それなりのボリュームがあるので、まずは入門編にあたる「中国語エクスプレスの部分」だけでもトライしてみることをお勧めします。それだけでも、それなりの中国語の知識は身に付く内容となっております。
Q4:検定試験(HSKや中国語検定)には対応しているのですか?
A4:対応しておりません。しかし、検定試験に臨む前に本教材で勉強しておくと、すんなりと違和感なく検定試験の勉強に移行出来るのではと考えております。本教材の執筆にあたり、著者はHSK6級程度のレベルには到達するように意識して作っております。正直、検定試験の勉強はその性質上、堅苦しく単調な部分は否めないですが、本教材も揃えておくことで、検定試験の勉強だけでは身に付かない活きた中国語を学ぶことが出来ますので、時間と相談しながら本教材の購入をご検討下さい。
Q5:スマホの場合アンドロイド、iPhoneどちらがお勧めですか?
A5:どちらでも対応は可能ですが、iPhoneには無料で各国の辞書をダウンロードし、文字を長押しするだけで辞書(中日辞典含む)が使える機能が付属しておりますので、語学学習の利便性という観点においてはiPhoneに軍配が上がると思われます。
Q6:中国語には色々あると聞いています。本教材で勉強すれば香港・マカオ・台湾でも中国語でコミュニケーション出来るようになりますか?
A6:本教材が扱うのは中国大陸・シンガポールで主に使われる普通語(俗に北京語、表記は簡体字)です。香港・マカオで使われる広東語は別言語(表記も繁体字)であり対象外となります。台湾で話される言葉(台湾華語又は國語、表記は繁体字)は、元々が大陸の北京語をベースとしており公用語となっています。普通語と台湾華語の文法構造や四声等の基本部分は同じですが、単語や発音に一部違いはあります。台湾に駐在するので、台湾で通じる言葉だけを勉強したいということであれば、本教材は対象外となります。台湾華語に関する専門的な教材を探すことをお勧めします。

著者紹介

ぶっちゃけ神速中国語講座 著者

石風呂貴一(いしふろきいち)

ぶっちゃけ神速中国語講座

販売価格29,800円(税込)

各種クレジットカード利用可能

電話注文はこちら